汚れたり劣化した箇所のリフォームと違って窓の場合は省エネ効果のある二重窓化や複層ガラス化にも気を回すべきです。

窓周りをプチリフォームしたら大変身!

二重窓化や複層ガラス化にも気を回すべき窓のリフォーム

戸建にしろ、マンションにしろ、ある程度生活していれば建物の内外部は紫外線や風雨にさらされたり、排気ガスに侵されるので、汚れが付着し、変色したり劣化してくることは避けられません。従って、リフォーム箇所を放置して生活していてもさし当り支障が生じるわけでないものの、リフォームを遅らせるといざリフォーム実施時になると一層の費用の発生することが往々にして起こるものですから、できれば予防保全的に早めにリフォームした方が良いことは常識といえますが、水漏れなど、使用上の支障がでるか、見た目がひどすぎて放置できなくなるまではなかなか実行されないのが現実です。費用をかけても元へ復するだけという意識なので気が進まないのかもしれません。

ところが、リフォームの中でも従来から本州の建物で一般的だった単板ガラスの窓のリフォームは省エネ効果のあることで他のリフォームとはわけが違うことに気づくチャンスだと思うのです。住宅建築の場合も最近のエコブームの時代ですから、新築住宅の窓は二重窓化や複層ガラス化が普及してきました。住宅の省エネ対策上はもちろん、窓ガラスの交換だけで十分なわけでなく、長年使われてきたアルミの窓枠を樹脂製にしたり外壁や天井あるいは床下の断熱材を厚くするなど、本格的に省エネ化を図ろうとすればリフォームする箇所は多々あるのですが、本州における住宅建築に二重窓化や複層ガラス化が実現しただけでもその効果は大きいと思うのです。中古住宅の窓のリフォームについて思い立ったら、単なる単板ガラスの交換に終わらせず、省エネにも配慮したリフォームが普及して、夏の冷房時と冬の暖房時に熱量の移動を減らすことができればエネルギー代の削減につながることに気づくことを期待したいものです。

関連リンク