夏は暑く冬は寒い部屋の窓をリフォームして、快適になりました。冷暖房の効率もよく、電気代も減りました。

窓周りをプチリフォームしたら大変身!

熱気や冷気を伝える窓のリフォーム

以前、防音対策で窓のリフォームをしたのですが、その際にもうひとつの悩みの元である窓の件で、業者に相談に乗ってもらいました。その部屋は、夏は風通しをよくしても暑くてたまらず、冬は冷え込んで体が凍えるのです。冷暖房をつけてもそれは同じで、どんなに温度を高くしたり低くしたりしても、快適とは言いがたい状況にしかならないのです。特に窓の周辺がひどく、夏は窓に触ると思わず手を引っ込めてしまうほど熱く、冬は素手で触るのをためらうほど冷たくなります。そこで原因が窓にあるのではと思ったのです。

実際に窓を見てもらったのですが、やはり原因はそうだったようです。方角と周辺の環境によって、窓から入る熱気や冷気が大きく、冷暖房も効かない状態になっているということでした。窓は、その大きさにも寄りますが、1枚ガラスで通常の大きさだと、夏は外の熱気の70%以上を部屋に伝え、冬は部屋の温かさを50%くらい逃がしてしまうそうです。本来は壁なども変えたほうがいいそうですが、今回は窓のリフォームで様子を見てみることにしました。

その部屋の窓には、複層ガラスという特殊なものを使うのがいいということでした。複層ガラスとは、金属の枠を間に挟んで、二枚のガラスを合わせているものです。間に空気の層ができるので、これが熱や寒さを防ぐ働きをします。実際に見たところ、思ったよりも全体的に厚くなく、これで防げるのかと不安でしたが、今はとても満足しています。冷暖房の効きが良くなったのはもちろん、止めてからも涼しさや暖かさを長時間キープできるようになったのです。冷暖房が効率がよくなったからか、電気代も減らすことができて、これも嬉しい出来事でした。