窓の大きさよりもその位置で風通しや採光が快適さに影響しますからリフォームには重大なことです。

窓周りをプチリフォームしたら大変身!

リフォームで窓の位置の大事さを知る

よく間取りが悪いから、かび臭い部屋があるとか暗くて陰気くさいので使えないなどと言う言葉をよく聞きます。風が滞ってしまうような壁の在り方などもあるのですが、案外窓の1が悪かったりもするものなのです。窓を含めたリフォームというと、エコのために二重サッシにするということが一番に思い浮かぶのですが、どんなに優れたサッシ窓を入れたとしても、健康的に良くない部屋はエコの効果は殆ど無くて、無意味であると言えます。よくリビングや客間に醍醐味を感じさせるために大きな窓を就けていたりするのですが、これもまた、風が入っても抜けるための窓を作っていないために、空気のよどんだ部屋になってしまっているというのも珍しくはありません。私たちは、窓が大きければ大きいほど、再興亜y風通しが良いと思っているのですが、そうではないことを知って置かなければリフォームに失敗する可能性があります。間取りにあわせて、窓の位置も考えることで、家全体が快適空間になるのです。

ただ、残念なのは間取りを作る時に専門家がそれに気づかなかったり、気づいていてもアドバイスをしなかったことです。私たちは、素人ですから思い込みもあります。施主にとって良い間取りの家になるように風通しや採光のチェックをしてくれ、不都合を指摘して是正したプランを実行しなければ、二人三脚のプランナーとして意味がありません。リフォームにおいては、まず信頼できるプランナーの存在をチェックすることです。