リフォームは壁ごとやり替える必要があるからです。出窓を付けるだけなら簡単だと思いますが、それ以上は大変です。

窓周りをプチリフォームしたら大変身!

窓のリフォームは大変だと思います。

窓や壁は建てられるときに十分考えた上で設計されています。窓をやり替えるためには、壁も一緒にリフォームをする必要があると考えます。となると相当大きなリフォームでないと問題が出るのではないかと考えるのです。今ある窓を出窓にする程度なら、それほど費用も掛からないでしょうが、窓を入れ替えるためにはその部分の壁も変更しなければなりません。サッシだけの変更も一緒です。窓そのものを変更するには大々的なリフォームになるはずです。場合によっては間取りそのものも変更するぐらいのことになるかも知れません。でも、窓で光を取り入れる事は重要です。ただしお隣や裏の家の窓の位置なども問題になるはずで、よほど考えて窓を設置する必要が出てくると考えます。

位置によっては隣の方としょっちゅう目を合わせなければならなくなってしまうからです。やはり窓を開けて目と目が合うというのも気まずいモノだと考えます。お隣や裏の窓の位置を良く考えた上で設置をしなければなりません。もちろん換気扇などの位置も考えておく必要が出てくるはずです。窓ってそれだけ重要な設備だと考えるからです。いい加減に移動などは出来ないはずです。もちろん家の強度なども十分考えておく必要があると感じます。窓が多い方が明るい部屋を作ることは可能ですが、壁の強度を考えると、窓の数が増えることで問題になると感じるからです。場合によっては1から設計をする必要があるのかも知れません。でも、明るくなるのなら、そのリフォームは良い事だと考えます。