リフォーム時に窓にも注目してみてはいかがでしょうか。結露防止や、さっしの歪みに気付くことができます。

窓周りをプチリフォームしたら大変身!

リフォームするなら、窓にも一案を

中古物件を購入した際、リフォームをする方が多いと思います。お部屋の壁紙、間取り、動かせないものもありますが、あらゆる部分を自分好みに変えることができますよね。その際、窓部分のリフォームも考えてみてはいかがでしょうか。マンションの場合、集合住宅なので熱がこもりやすく、通気の関係もあり、冬になると窓の結露がひどくなることがあります。通常の窓ですと、そういったことが避けられません。結露防止スプレーや、結露を止めるテープなどもありますが、できれば根本的な部分を解決したいですよね。今は、結露対策のガラス窓が多くありますので、それに差し替えるとだいぶ、解決するのではないでしょうか。全部屋を変えるとなると、金額もかかると思いますので、一番、気温差が激しくなる部屋だけでも差し替えてみはいかがでしょうか。

またそうした部分を差し替えることで、さっし部分のゆがみなども発見できます。冬は隙間風が入らないようにしたいですよね。そうした部分をケアするだけで、軽減されるのではないでしょうか。砂埃も入りづらくなるので、衛生面でも安心できると思いますし、お部屋のお掃除も楽になりますよね。窓の結露も減れば、窓掃除も、同じく楽になると思います。割れにくく、万が一割れたときも飛び散らないような格子状のワイヤー入りの窓になりますと、ワイヤー部分に水が溜まり続けると、そこからカビが発生することもあるので、そうした事態も避けることができると思います。