家をリフォームすると言うイメージはありますが、窓をリフォームすると、快適な空間をつくることができます。

窓周りをプチリフォームしたら大変身!

快適な空間をつくる窓のリフォーム

家が古くなってきたりすると、リフォームをする人もいます。和室を洋室にしたり、バリアフリーとして段差を無くしたりします。確かに、部屋をキレイにすると暮らしやすくなりますが、実は、もうひとつリフォームすることで部屋を快適な空間にする方法があります。それが、窓のリフォームです。窓のリフォームと聞いても、ピンと来ないかもしれませんが、窓ひとつで部屋の中の快適度が大きく変わります。では、どうして窓をリフォームすることで、快適になるのでしょうか。人間が生活をしていく上で、快適か不快かを決める大きな役割をしているのが、部屋の温度です。部屋の温度が暑すぎても寒すぎても、快適だとは言えません。エアコンをつければいいのではないかと言う人もいますが、節電と言われている今、なるべくなら電力に頼らず部屋の温度を快適にしたいものです。

そこで、窓をリフォームすることがポイントになってきます。例えば、窓がひとつしかない部屋なら、窓の数を増やすことで風の通り道が出来ます。風の通り道が出来れば、暖かい季節の部屋の温度の上昇を抑えることが出来ますし、風を肌に感じることで、涼しい気分になれます。次に、どんなに壁に断熱材を使ったとしても、窓ガラスが外気の温度を部屋の中に伝えてしまいます。そのため、窓ガラスを断熱効果の高いものにすることで、部屋の温度を快適にすることができます。種類もガラスに断熱シートが入っているものや、ガラスが二重になっているものなどあり用途に合わせて選ぶことが出来ます。